3Dプロダクションシステム



PROJET DP3000

2012年12月現在、九州で2台のみ稼働してる高性能3Dプロダクションシステムです。 PROJET DP3000はアクリルプラスチックのデンタル専用造形マテリアルであるVisiJet DP200を採用し、 クラウン、ブリッジ、デンチャーなどの高精度の鋳造マスターパーツを生産することが可能です。 32-40ミクロンの積層ピッチを実現しMJM技術により短時間で多くのパーツを造形し、生産性を向上することができます。

センサブルデンタルラボシステム

SensAble Dental Lab System (センサブルデンタルラボシステム)は、歯科技工物制作工程におけるワックスアップ作業をデジタル化し、安定した品質のワックスパターンを製作することができるシステムです。また、3次元触覚デバイス(ファントム)と呼ばれる装置ががシステムに組み込まれており、コンピューターで設計しているにも関わらず、手でワックスアップしているかのように作業を行えます。